【写真レポ】横浜の放射性焼却灰問題:南本牧廃棄物最終処分場に行ってきました。

facebooktwittergoogle_plusmail

( Togetterはこちら http://togetter.com/li/188259

放射能汚染が濃縮された「下水汚泥焼却灰」が海面埋め立て地に投棄されるとして
一部ツイッターで物議になっていた現場「本牧廃棄物最終処分場」に行ってきました。

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1109090035/
http://d.hatena.ne.jp/sakuraline/touch/20110911/1315740637

13日にTLを賑わすようになり
その夜には延期が発表?されていたのですが
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/blog-entry-625.html
(結果的には行った帰り道では凍結が発表
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110914/t10015594861000.html

「抗議しに行く訳じゃなく、埋立地現場(近づけるトコまで)を見て感じて写して、伝えます。是非はともかく、関心を持つ事、行動する事。全国各地のそういう背中を見て来た、今度は横浜人の番だなと思うから。」
「ま、Twitterでピーチクパーチク言っててもムズムズするだけだから、お散歩がてら行ってこようかな、って軽い感じです。 」(Twitterより)

処分場の場所も詳しくは知らなかったし、
第一埠頭に自体入れるのかすら解らなかったけど、

なにはともあれ!という事で行ってきました!

9月14日、晴天真夏日より!13時頃出発。

事前調査でこの97番バスに乗れば

近くまで行けそうだったので

横浜駅で

根岸線に乗り換えて

根岸駅へ!

根岸駅 駅前

あ、コレは全然関係無いんだけど、ロナルドがいたからつい・・しかし1人だったので恥ずかしかった!(笑)

ありました、97番バス!

根岸駅前7番乗り場で

待つ事しばし。この時刻表は30日から元に戻る?らしいのです。

結構すぐバス来た!

ライドオン!

この道を通って

この辺の

かもめ町バス亭に到着!

解りやすいように、合間合間に地図×位置の矢印(歩いてる方向だったり、カメラの方向だったりするから、ご了承を)の地図挟んどきます!

さすが世界に誇る横浜の港!超キレイ!向かって左方面

向かって右方面。この橋を徒歩で渡れれば埠頭に入れるんだけど、車専用!?

と思ったら歩道橋発見!

行けましたー!ちなみにこの辺の時点では、まだ処理所/埋め立て地がどこだかサッパリ解ってなくて、あっても近づけるのとかも解らず、とりあえずやみくもに歩き回ってるだけです。

橋の上から、向かって左。これが横浜の港かーって。超キレイで何か涙出そうになった。

橋から向かって右。こっちは一面コンテナだらけ。巨大クレーンと巨大マシンがたくさん。

橋を渡って、埠頭に。

歩いてたら ま さ か の 看板!!!ホント一瞬目を疑いましたね。目的地が見つかるどころか、近くまで行けるんじゃないかって期待。

がんばろう日本!が何かこの時は皮肉に思えた。

また看板。

右手の埠頭の先の方は、広大な埋め立て地?みたいな砂地だった。立ち入り禁止。

このカドらへんから先は立ち入り禁止。処分場の看板あるけど、薄くなってるだけで左を差してます。ここはまだ処分場じゃないです。

陸側に戻る方向に歩いて、右側。

今思えばこの建物の裏らへんは問題の埋め立て予定地だったのかな、、?

そして水色のタンクが立ち並んでるなと思ったら

とうとう噂の場所に着きました!着けちゃいました!

横浜市南本牧廃棄物最終処理場の看板。間違い無いです。

写真には映ってないけどここに管理小屋があって、管理人さんが出入りを確認してました。関係者以外立ち入り禁止との事でここから先は行けませんでした。でもまさかその場の入り口まで行けるとは思ってもなかったので、割とここまで来れただけで達成感。

せっかくなんで埠頭の逆側も行ってみました。

見渡す限りのコンテナたち。

圧巻の巨大クレーン。船からの荷下ろしに使うのかな?逆行で見えにくいけど、右下カドにあるのがトラック。結構でかいトラック。びっくりな大きさ。

そして橋(陸)の方に向かってあるいてたら

たぶんトラックで運搬しに来た人用の、コンビニがありました。うどん・そばって書いてあったからせっかくだから埠頭うどん食べて来ようと思ったけど、閉まってた(T-T )

岐路の橋の上から処理場を撮影。

この青いタンクが、さっき立ち並んでた処理場入り口付近のタンクです。

良く見ると水色の部分。水面です。ココに投棄される予定だったのかな?

最後にもう一度、美しい海と港を撮影。

Yokohama The Beautiful.

間もなく陸に帰還。

30度超えで日差しもジリジリと照りつける真夏のような暑い日でした!

==============================
結果報告
==============================
最初は埠頭自体入れるか解らなかったし、(ゲートみたいのあるかと思った)
もしかしたら工場だらけで立ち並ぶ建物しか見えないのかなとも思ったし、
ただの無駄足で終るかなーなんて思ってたんだけど、

まさか埠頭一週できて、処理場の入り口まで行けるなんて。
とりあえず目標は120%達成してきましたー!
しかも帰りのバスを待ってる時に「計画凍結」の速報ツイートってゆう一番の朗報まで届いたしね!

● かかった時間:根岸駅着から根岸駅に戻るまでで、2時間強ぐらい
● かかったお金:根岸駅からバス往復の210円×2

==============================
メモ
==============================
● 埠頭入り口から、グーグルマップに載ってる道路はほとんど、一般車はもちろん、徒歩で入れるのが意外だった。もっと橋の入り口とかで関門あるのかと思ってた。逆に載ってる道の先は、立ち入り禁止。
● トラックばっかりで、道にはほとんど人がいない。ってゆうかどこにも人いない。
● どう考えても部外者で工場萌えか不審者なのに、歩いてても全然気にされない。(人自体あんまり歩いてないけど)処理場入り口とかは警備の人いたけど、写真とか撮ってても周りプラプラ歩いてても全然何も言われなかった。
● トラックがびゅんびゅん結構なスピードで走ってるから徒歩の人は危ない。でも道渡ろうと思ってたってたら巨大トラックがわざわざ止まってくれたり、優しかった。

==============================
最後に
==============================
今まで、全国各地の「地元を守るんだ!」って人達の背中を見てきた。
宮城や福島の津波被災された方々の復興をする背中だったり、
各地での反原発反デモする方々の背中だったり。

そんな背中を見ながら、僕は考えさせられてきた。
地震について、津波について、原子力について。
もし僕の住む場所でそんな事が起きたらどう思うんだろう。

でもやっぱり、言ってしまえば遠く離れた場所の事だから、
考えて、それをツイートしたりするぐらいで終ってた。

でも今度は事件が僕の愛する横浜で起きた。
是非はともかく、ほとんどの人が知らない中、
全国初の試み、高濃度放射能を有するとされる土が海の埋め立てに使われる。

もし僕たちがそれを見てみぬフリをしてしまえば、
きっと全国各地で同じ様な事が当たり前のように行われる。
住民の理解や納得はもちろん、認知すら無い所で。

その時、直感的に思ったんだよね、
あ、これは横浜の番なんだ、って。
今度は僕たちが、背中を見せる番なんだって。

何もしてないし、ホントただの自己満だったし、
今思えば署名の1つや2つでも集めて
市役所持って行った方が少しは意味あったのかもしれないけど。

関心を持って、考えて、、、そこまでは今までもやってきたけど、

イスから重い腰を上げて、外に出て、動いてみる。見て感じて伝えてみる。

それだけで、事に対する想いや理解が全然変わるんだなって思ったよ。

横浜の港はとってもキレイでした。

とっても、とってもキレイでした。

「自慢の港なんて言っておきながら見てみぬフリで汚しちゃって」

そんな背中だけは見せたくなかった。

ホントに行って良かったよ!

これからも愛する横浜のこの美しい港、そして地や海を、
見守っていきたいと思います。
1人1人が自分の愛する地元を精一杯大切にすれば
日本がまた元気になるんじゃないかって思うんだよね!

from Yokohama with pride,
すわだいすけ

facebooktwittergoogle_plusmail

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です