【オリンピック】僕のVancouver 2010

facebooktwittergoogle_plusmail

ワールドカップとオリンピックの時だけスポーツファンになる
絵にかいたような「にわか」なすわだいすけですが

今年はテレビを捨ててしまったのでオリンピックの熱も経過も結果もイマイチ伝わって来ませんで残念でした・・・。やっぱテレビ買おっかな・・・。

しかもネットサーフィンしてて伝わってくる事と言えば俗っぽいネタばかりw
国母選手の服装がどうとか
カーリングのチーム青森の選手が可愛いだとか
グルジアのフィギュアの人が巨乳だとか

個人的にはスキーするので昔から何か上村選手は好きですねー
なんかスカッとしてる笑顔な感じが

スポーツにしろ音楽にしろやっぱり一瞬の刹那の中で命を爆発させている人たちはかっこ良くそして美しく見えるよね。

あ ちなみに いまさら国母選手の件ですが
僕 擁護派です
若いなぁとは思いますが けしからんとは思いません
と言うかスノーボードってさ
そういうカルチャーじゃん?って思っちゃう
能力がありゃ何やっても許されるという訳じゃないけど
日本中に見られるその瞬間だからこそ
できる範囲で(一応ユニフォームは着てた訳だし)
自分が一番カッコ良いと思うスタイルになりたかったんだなぁって思う
彼が人生を投じてるライフスタイルがたまたまああいうファンションなメンタリティーだっただけで
まぁせいぜい身内が注意したとしても
責めてやるなよ

話がそれましたが(笑)

そして日本の期待が集まったフィギュアはさすがにYahoo!の実況ページで白熱してしまいましたね。全然フィギュアとか知らないのに。これぞにわかパワーです!

とは言えど
色々恐縮ですけど
いわゆる「芸術点」がつく競技(スポーツ自体は好きでも)にはイマイチ共感できなんですよね。
だからスキーは大好きだけど、モーグルとかジャンプの芸術点もイマイチん〜って感じだし、フィギュアなんてその代表格だよね。
ウィンターオリンピックにはそういうのが多い気がします。

例えばさ、サッカーでシュート打って点入るとするじゃん。
それがシュートの打ち方がカッコ悪かったからって、ジャッジの主観で0.8点とか原点されたらさ・・・
それで相手に入れられた点はちゃんと1点で負けたらさ・・・
って思っちゃう訳。もちろん、極論だけどね。
モーグルにしろフィギュアにしろやたらめったら飛べば良いって訳じゃないと思うし。

でもスポーツってさ、特にオリンピックはさ、やっぱり世界大会であるからこそ、世界の誰もが明確に勝ち負けが解って、世界の誰もが一喜一憂できる大会でなきゃいけないと思うんだよね。

だから「芸術点」的な採点方法がやむおえないとしてもさ、
世界の誰もが明確に勝ち負けが解って
世界の誰もが一喜一憂できる採点方法を考えてほしい訳です。

世界中のにわかファン達の為にも
お願いします(笑)

ちなみにフィギュアについては
この方のブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/mizumizu4329/
がとっても冷静に分析してて解りやすかったです。
女子決勝については2/26〜かな?

何か文句ばっかになっちゃったけど(笑)
本当に言いたかった事はそんなんじゃないんだ(笑)

最後にオリンピックに出場された日本選手の方々
まだ終わってなけけど今言わせてください

賞とかメダルとか関係無く
本当に、心から尊敬します!
ジャンルは違えど 一瞬の刹那の中に生きる身として思う
あなた達 ホントにすげぇ。

僕をはじめ
数えきれない日本の人たちが
また明日朝起きて
新しい1日に 新しい何かに
挑んでいく勇気をもらいました。

ありがとう&お疲れさま!!!
Have a safe trip home!!!

best wishes,
すわだいすけ


facebooktwittergoogle_plusmail

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です